「腕時計」カテゴリーアーカイブ

アルネ ヤコブセン×ミナ ペルホネンの腕時計が再販

アルネ ヤコブセン(ARNE JACOBSEN)とミナ ペルホネン(minä perhonen)のコラボレーションがスーパーコピー時計再販。2022年9月17日(土)より、ノルディックフィーリング各店、ミナ ぺルホネン 代官山、京都ほかにて発売される。

“パズル織ベルト”のコラボレーションウォッチが再販へ

アルネ ヤコブセン×ミナ ペルホネンの腕時計が再販、“パズル”織のコーデュロイ素材ベルト|写真1

2022年6月に発売され好評を博したアルネ ヤコブセンとミナ ペルホネンのコラボレーションウォッチが早くも再販。ミナ ペルホネンのオリジナルテキスタイル“ランドパズル(land puzzle)”を用いた温もりあるベルトが印象的だ。

洗練ウォッチをベースに、アイボリー&グレー

BANKERS 33,000円

BANKERS 33,000円

ベースとなる時計は、ヤコブセンがデンマーク国立銀行を手がけた際にデザインされた「BANKERS」と、デンマークの駅に採用されている「STATION」の2型。カラーはアイボリー、グレーの2種から選ぶことができる。

時計史において重要なモデルである。

1980年代後半に発表されたこのモデルは、ブルガリが初めてスポーツウォッチに進出したものだ。ステンレススティール製で(ベゼルにも名前が刻まれている)、非常に興味深い一体型ストラップのデザインを持っていた。その後、ディアゴノのデザインは、3針モデルやダイバーズにも転用されることになる。

クロノグラフ ブラックテンレススチールウォッチ

高級機械式時計の世界では1つのジャンルとして確立した感のあるオールブラックウォッチですが、モノによっては手首の印象が重たくなり過ぎるケースも。その点、これは12時位置のフラッグロゴに加え、ブルーに染まったサブダイヤルの針のおかげで、力強さはありつつもイカつ過ぎる見え方になりません。スーパーコピー 優良サイト光沢感を抑えた黒は、ビジネスの装いとカジュアルの両方に馴染んでくれること請け合いです。

オースティン

10時方向のレトログラード式曜日表示に加え、2つのインダイヤルで表わされた日付と秒数表示が、一般的なデイデイト搭載時計との差別化を可能にしています。それでいて光沢あるブラックケースと黒レザーに落ち着き感があるので、腕元で悪目立ちすることなく、あくまで大人の遊び心をアピールできます。

スポーツモデル ウォッチ

レーシングウォッチの匂いを漂わせる、スポーティな顔立ちの1本。扇形の曜日・24時間計、ベゼル部分のタキメーター、ストラップのチェッカーフラッグ模様など、大人好みのディテールが満載です。カラーは万能色ネイビーをベースに、『トミー ヒルフィガー』を代表するカラーをオン。ストラップにはシリコン素材を使用しており、アクティブな印象をプラスしています。

3年前に再登場したばかりのブルガリ アルミニウムへの道も開いた。注目すべきは、ディアゴノの時計がクォーツムーブメントを搭載していたのに対し、新しいアルミニウムを含む現代のブルガリは自動巻きキャリバーを搭載している点だ。ハナのディアゴノは、12時付近にブルガリのブランドロゴがないミニマルなダイヤルだが、ベゼルがその部分をカバーしているので、問題ないだろう。

【関連記事】:2022新作ファッションコーディネートをごゆっくりご覧ください

購入前に知っておきたい旧型サブマリーナーデイトの買い方

ロレックスのなかでもダントツに人気が高いサブマリーナーデイト。暑いこの時期は特にカッコ良く感じる。最大の魅力はモノトーンで無駄な装飾も一切なく、さりげなく着けられる。性能や品質もさることながらこの使い勝手の良さが一番だと思う。

 ただ、いまや新品は170万円オーバーとおいそれと手を出せるレベルではなくなってしまった。ロレックス デイトナ コピーそこで今回は新品ではなくユーズドに着目してみたい。しかも、少しでも予算のハードルを下げるという意味から、現行モデルではなく旧型サブマリーナーデイトをクローズアップする。

 対象となるのは 2020年のモデルチェンジで生産終了した Ref.116610 LNと、これのひとつ前で 09年で生産終了した Ref.16610。ここではより予算が抑えられる後者を中心に前編ではその特徴について、後編では買い方のポイントを解説する。

 16610がリリースされたのは1989年のことだ。日本でいえばちょうど昭和から平成に元号が変わった歴史的な年である。生産期間は116610 LN がリリースされた2010年までと実に20年以上ものロングセラーとなった。

 16610よりも以前のモデルとの決定的な違いは搭載された自動巻きムーヴメント、Cal.3135にある。手巻きムーヴメントをベースに開発したものではなく、自動巻きムーヴメントとして一から専用設計した1000系ムーヴメントをベースに巻き上げ効率やメンテナンス性をより向上させた第2世代として開発、ある意味その完成形と言われたほど優秀なムーヴメントなのだ。

サブマリーナーデイトに搭載されているCal.3135。116610LNの場合は写真下側にある車輪のような形をしたテンプの中心にあるヒゲゼンマイが青色のブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイに変更された

 そのためCal.3135は後継の116610 LNにも採用された。違いはヒゲゼンマイが耐磁性と耐衝撃性を格段に向上させたブルー・パラクロム・ヒゲンゼンマイに変更された進化版という点だ。いずれにせよCal.3135はトータル30年以上も生産されている。それだけ優秀だったということだ。

 ムーヴメントはほぼ同じだが116610LNの外装はかなりブラッシュアップされており堅牢性などのクオリティはかなり高い。スーパーコピー時計そのため実機を見比べると両者の雰囲気はだいぶ違う。しかしながら、いまとなっては逆にこのことが16610の魅力的なポイントと言えるのだ。そのポイントとは大きく二つある。

 ひとつは着けやすいサイズ感だ。ケース径は同じ40mmだが、116610LNよりケースは若干薄い。加えてブレスレットもすべてステンレスの塊ではなく、中央のコマは中空のため軽い。筆者のように手首の細い人にはこちらのほうがフィットするのは間違いない。

 そして二つ目はベゼルである。116610LNからベゼルリング(目盛り表示のある部分)にブラックセラミック素材を使ったセラクロムベゼルが採用されたため、ほとんど傷がつかない。それに対して16610は歴代モデルが採用するアルミニウムのため、ぱっと見たときの質感がまったく違い、ある意味古っぽい味わいみたいなものを感じる。しかもアルミニウムの場合は長年使っていると色も退色する場合があるなど、長く使えば使うほどアンティークのような経年変化も楽しめるのだ。

 手首の細い人やちょっと古っぽい雰囲気のほうがおもしろいと思う人は、ぜひショップで実機を見比べてもらいたい。さて来週日曜日(8月15日午前7時配信)の後編では、実際に購入する際のポイントと注意点について具体的に取り上げる。

オメガのスピードマスターはリュクス感あふれるフルゴールドモデルが狙い目!

ケースのボリュームとフォルムが絶妙に共鳴し合う大きめラウンドウォッチ。圧倒的な存在感と品格を醸し出し、シンプルな装いでも、ラフなスタイルでも、身につける人を強く美しく印象づけます。ひときわ際立つのが、熟練の技術に裏打ちされた名門ブランドの時計。そこで、それぞれ独特の表情を湛える6ブランドの傑作を、短期シリーズでご紹介します。本記事では、オメガ スピードマスター コピー(OMEGA)「スピードマスター 38mm」のフルゴールドモデルに注目。「スピードマスター」は、アポロの宇宙飛行士とともに月探査のミッションをこなした伝説のウォッチ。そのクラシックな魅力とメカニズムへのこだわりを受け継ぎながら、よりスタイリッシュに仕上げたデザインは、まさにオメガならでは。ゴールドでラグジュアリーな表情を添え、時を大切にする人の心を動かします。

デザインとメカニズムのマリアージュが生む、傑出した存在感
オーセンティックなフォルムのケースが手首にアクセントを添える大きめラウンドウォッチは、インテリジェントな雰囲気をまといたいビジネスシーンとの相性が抜群。世界でも、トップキャリアの女性の手元を飾っていることが多いスタイルのタイムピースです。

そこで、高度な時計製造技術と洗練された美意識が息づく名門6ブランドから、それぞれの個性が光る傑作ウォッチを、短期シリーズでご紹介します。本記事では、オメガ(OMEGA)「スピードマスター 38mm」のフルゴールドモデルをピックアップ。人気コレクションをいっそうラグジュアリーに進化させた卓越のウォッチです。

オメガは1948年の創業以来、品質も性能も、そして美しさもこの上ない時計を製造し続けており、その真価は厳密さを必要とする世界でも発揮されています。宇宙、空、深海、あるいはオリンピック。あらゆる過酷な状況で正確に時を刻み、1/1000秒の精度で計時するオメガの時計は、プロのみならず、本物を求める多くの人々を魅了しています。「スピードマスター」もそうした傑作の一つです。

「スピードマスター」が誕生したのは1957年のこと。「シーマスター300」「レイルマスター」とともに、プロフェッショナルラインを構成していました。3ラインはそれぞれが伝説となりますが、「スピードマスター」はやがてNASAの宇宙探査に携帯されることになり、“ムーンウォッチ”として知られていきます。

「スピードマスター 38mm」は、クラシックな“ムーンウォッチ”のデザインをスタイリッシュに昇華したモデル。象徴的なタキメータースケールを施したアルミニウム製リングや3つのサブダイヤルなど、クロノグラフとしての外観と伝統を受け継ぎながらも、モダンな軽やかさを表現しています。

さらに、フルゴールドモデルはリュクスな表情をも醸し出し、独特のオーラを放ちます。ケースに加え、デュアルベゼルの外輪、インデックス、針にも18Kゴールドを用いた華やかなデザインですが、纏う雰囲気はエレガンスにあふれ端正そのもの。

イエローゴールドとセドナゴールドのどちらのバージョンも、装いになじみながらも、さりげなくクラス感を添えてくれる時計。服との組み合わせも、ベーシックカラーや同系色など、シックにまとめるのがおすすめです。

■1:気品香るトープブラウンでセドナゴールドがいっそう優美に

「スピードマスター 38mm」¥1,770,000 ●ケース:18Kセドナゴールド ●ケースサイズ:直径38mm ●ダイヤル:クリーミーシルバー ●ストラップ:トープブラウンのアリゲーター ●ムーブメント:自動巻き(キャリバー3330)
セドナゴールドは、太陽系の中でもっとも赤い星といわれている小惑星セドナにちなんだネーミング。独自の鮮やかな色合いが目を引くローズゴールド合金です。色や輝きの経年変化に強い点も魅力です。

ダイヤルは人気の高いクリーミーシルバー。タキメータースケールの深めのブラウンが縁取り、全体を上品に引き締めています。

ケースのセドナゴールドもストラップのトープブラウンも肌になじみやすく、腕を露出する季節でも手元をエレガントに演出します。オメガ OMEGA (アンティーク)Tシャツやビッグシルエットのワンピースなど、ラフなスタイルに合わせれば、格上げ効果も抜群!


ベゼルにダイヤをセットしたモデルは¥2,120,000
デュアルベゼルの外輪にダイヤモンドをあしらったモデルは、ほどよいリッチ感がプラスされ、夜のお出かけにもアクセントとして活躍します。

■2:スポーティさと知性が共存するグリーン×イエローゴールド

「スピードマスター 38mm」¥1,770,000 ●ケース:18Kイエローゴールド ●ケースサイズ:直径38mm ●ダイヤル:オパリンシルバー ●ストラップ:グリーンのアリゲーター ●ムーブメント:自動巻き(キャリバー3330)
深みのあるグリーンのストラップとタキメータースケールが、イエローゴールドを独特の理知的な雰囲気で包み込むモデル。圧倒的な気品を漂わせる一方で、この上ない個性を発揮する色バランスは、ビジネスでのシンプルな装いに新鮮なアクセントを添えます。

3つのサブダイヤルは、横長のオーバルにギョウシェを施した正円を配したデザイン。スポーティななかに繊細な優しさが宿り、「スピードマスター 38mm」ならではの表情が楽しめます。

また、時分針、クロノグラフ秒針にはホワイトのスーパールミノヴァが塗布されており、夜の運転中や飛行機などでちょっと時間を確かめたいときにもノンストレス。メカニズムはもちろんオメガ製。機械式自動巻きの、優雅に時を刻む音に耳を傾ければ、日常のせわしさを忘れて幸せな気分に浸れます。


ベゼルにダイヤをセットしたモデルは¥2,120,000
外輪のベゼルにあしらったダイヤモンドは、もっとも輝きの強い石を厳選。わずかな光にも美しい煌めきを放ち、手元をリュクスに飾ります。

Versus VersaceTokai レディース腕時計☆ローズゴールドVSP410618

【Versus Versace】Tokai レディース腕時計☆ローズゴールドVSP410618
Versus Versace

♥Tokai レディースウォッチ腕時計 ♥

美しく仕上げられたヴェルサーチらしい高級感あふれるTokaiウォッチ。
ローズゴールドのフェイスとゴールドが調和してどんなスタイルにも優しくマッチ

【商品番号】   VSP410618

【商品詳細】  

 フェイス部素材:  ステンレス
 文字盤:      アナログ式
 バンド素材:    ステンレス
 色:        ゴールド&シルバー
 仕様:       電池式
 防水:       50m (5ATM)

シャネル時計 コピーレディース
*お手頃なお値段でご購入いただけるよう配送料を安くするため簡易包装となります。ご了承下さいませ。

*関税が発生した場合には返金致します。
お手数ですが、バイマ規定に従い、返金申請のお手続きをお願い致します。

Hanhart リミテッドエディション

リミテッドエディション
Hanhartはドイツ語のブラックフォレストにあります。ブランドは、Primusパイロット限定版とオーストリア空軍に、近年の賛辞を支払っている。Hanhartは現在3つの限定版の時計とオーストリアとスウェーデン空軍とサーブ105トレーナー航空機の50周年に敬意を払うためにSシリーズを作成しました。
SAB 105は60年代前半に小型で安価な多役割航空機として機能するように開発された。1963年から1967年にかけて製造されたこれらの航空機は192隻で、150人がスウェーデン空軍によって買収され、40名がSAB 105号の下でオーストリア空軍に輸出された。サーブ105はまた、スウェーデン空軍のチームチーム60によって使用される航空機であり、以前はオーストリア空軍の2つのディスプレイチーム、「カロAS」、「銀色の鳥」で使用されていた。サーブ105トレーナーの単価は210000ドルだった。
サバイン105オンストレーナー
サーブによるこのプライベートベンチャーは、軍と民間航空で使用されることを意図していた。軍の能力では、105はジェットトレーナーとして動かされることができて、空中偵察と地上攻撃をして、限られた迎撃器能力を実行することができます。民間航空では、サーブは4〜5シートのビジネスジェットを提案した。当時、105は、ターボファンを装備する唯一の小さなヨーロッパの航空機のうちの1つでした。サーブはこのジェット機を会社のジェット機市場に投入するためにこの飛行機に賭けていたが、そのような顧客は現れなかったので、サーブは代わりに軍の顧客に集中するために選ばれた。
1980年代に、亜音速航空機が航空戦闘と空域禁止のために不十分であることが明らかになったので、オーストリーは1988年にオーストリア空軍の主迎撃機としてサーブ105に取って代わるために28の調整されたサーブ35 draken戦闘機を購入しました。しかし、今日、トレーナーと監視航空機としてサービスのままで残っている18サーブ105があります。
SK – 60 GMT
Sシリーズの設計は、サーブ105コックピットクロックに基づいています。すべての3つのパイロット・ウォッチは、PVDコーティングで40 mmのステンレス鋼ケースを持っています。日付ウィンドウは、航空高度計のスタイルです。S 105 OE時計のダイヤル構成は、外の章リングで現代のフォントと24時間の第2のタイムゾーンレイアウトの数字で簡単です。SK 60 GMTのダイヤル構成は、明るい黄色の12 – 6 – 9の数と時間目印で、そして、秒針、GMT手と日付指標でより面白いです。非GMT腕時計は、Sellita SW 200またはETA 2824自動運動によって供給されます。GMT腕時計は、Selita SW 300またはETA 2893自動運動を持ちます。両方の動きは、通常のシャツカフスの下で着用することができます12 mmにケースの高さを保つ。
S 105 OE GMT
S 105 GMTは、オーストリア空軍との50回目の記念日を祝っているサーブ105 OEの計器時計のデザインに触発されます。価格:1290ユーロ。
S 105 OE
S 105 GMTのように、S 105三手時計はサーブ105 OE計器クロックのデザインに触発されます。価格:990ユーロ。
SK 60 GMT
SK 60 GMTはSK 60の指定を受けたスウェーデン空軍のサーブ105モデルに基づいている。価格:1290ユーロ。
ダイヤルの上でGPS座標48 – 35 35 N 008 08 E Eとダイヤルの上にきちんとしたイースターエッグがあります。GPS座標はGutenbachのHanhart HQの正確な位置です。Hanhartは、利用可能な場合は、あなたのエディション番号を選択することができます今すぐ予約を受け入れている。時計は2019年11月に利用可能であると予想される。